勉強方法

開成中・灘中・筑波大附属駒場中・東大現役合格を可能にする勉強法とは

SOCRAでは、私が難関中学・大学に合格した経験で必要不可欠だと感じたことを実践しています。

基礎の大切さを知ること

勉強において大切なのは、理解することではなく使いこなすことです。私がそれに気づいたのは小学5年生の時でした。目の前にあるドリルを全部解き終えてしまい、物足りなくなった私は、その解答を全部消しゴムで消して、もう一度解き直していました。私はその過程で、「数字の論理に対する自分なりの捉え方」を身につけていったような気がします。
ある種の「型」と言い換えてもいいこの感覚を駆使して、2回目以降はスピードを意識しました。するとスピードは上がっているにもかかわらず、なぜか正確性も向上していたのです。素早く処理することはケアレスミスを誘発すると考えがちですが、実はその逆で、見直す余裕が生まれてミスは減ったのです。

 

難問への挑戦

基礎が定着すると応用問題に萌えあう機会が増えてきました。中には1週間以上も考えたのに答えが出せない問題もありました。考えに考え抜いた自分なりの解答。答え合わせの時には胸がワクワクしましたが、答えが合っているかどうかは正直なところあまり気になりませんでした。それよりも模範解答の解法と自分の解法との間にある差を見つけ、「次にこのような問題に出会った時、どのような論理を構築すれば対応できるのか」を客観的に分析することに力を注いだのです。そして得た知識や経験が、さらなる難問への挑戦の動機づけとなりました。

 

学習習慣を身につけること

また、中学高校時代は中間・期末テストや夏休みのレポートなど、期限が設定された課題が課せられるようになると、その期限に合わせて結果を出そうという意識が芽生えました。毎日の授業の内容をその日のうちにノートにまとめ直しました。もちろん敬遠してしまいがちな分野もあれば、部活で帰宅が遅くなり深夜までかかることもありましたが、必ず間に合わせるということを徹底し、誘惑に負けずに自分を律して、いつかやっておいて良かった、と思う時が来ることを信じて、学習習慣を身につけていきました。

 

私はこのような姿勢の継続と「知ること」そのものへの欲求との相乗効果こそが、開成中をはじめとする難関私国立中の合格と東京大学理科一類の現役合格と言う成果につながったと思っています。

 

SOCRAでは

私たちSOCRAでは、みなさんの現在の学力に応じて、基礎を駆使すること、論理的に考えること、課されたものに対して間に合わせること、を実践しています。
まず反復演習課題により「型」を身につけさせ、その正解率にこだわるのではなくどのような使い方を学んだのかを一つ一つ確認していきます。そしてテストでその理解度をチェックし、構築された自分なりの論理の有用性を体感してもらいます。またいつも自分の目標を設定し、それに合わせて作られた個人カリキュラムに従って学習していきます。そしてやる気にさせる対話を重視することによって、勉強に対する意欲を持ち、主体的に「知ることの楽しさ」を追求していく姿勢を身につけてもらいます。

「授業の時間が終わったから帰れる!」ではなく「次の授業までにこんな自分になろう!」と思って帰っていく。そういう毎日の積み重ねが自分を律することにつながり、大きな差となって結果に現われてくるのです。これこそが一貫教育を有意義にするSOCRAの指導理念に基づく「最強の勉強法」です。

進学塾SOCRA&jr.
一流中・医学部・東大受験指導科
原 淳一

twitter facebook line@ Instagram STORES 無料メールマガジン
資料請求・無料体験申込
お問い合わせ