Lepton

Leptonとは

Lepton(レプトン)はいつからでも、どのレベルからでも始められる個別指導型の子ども英語教室です。「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能の総合学習により、小学生からTOEIC®600点(≒TOEFL iBT®61点)レベルのコミュニケーション英語力習得を教育目標として掲げています。 レッスンでは、自立学習向けに独自開発した、入門~上級レベル全81冊のネイティブ音声CD付きテキストを使用します。

受講生一人ひとりの習熟度に合った選択が可能で、幼稚園や小学校低学年からでも始められるよう、豊富なカラーイラストに加え、チャンツ(歌)や、ぬり絵、切り絵といった工作的な課題も盛り込むなど、楽しみながら学べる工夫を凝らしています。

さらに、達成度評価には、TOEIC®やTOEFL®へとスムーズにつながる世界標準コミュニケーション英語能力テストJET(Junior English Test:ジェット)を採用し、受講生ご本人と保護者さまに”目に見える学習成果”を定期的に報告しています。

お子さまに、将来本当に使える英語を身につけてほしいと願う保護者さまの支持を受け、Lepton教室は急速に全国に広がっており、先進的な英語教育に取り組んでおられる私立小学校・中学校のアフタースクールへの導入も増えています。

小学生のお子さまだけでなく、幼稚園児(年中・年長)や中学生、高校生のお子さまも多数在籍されています(教室によって受け入れ対象の学年が異なりますので、各教室まで直接お問い合わせください)。 ※Leptonは「素粒子」という意味です。 現在の日本の英語教育における問題点を解決すべく、学習メソッドを普及させ、国際人として日本人のあるべき姿を提唱します。  

 

 

SOCRA-jr.のレプトン教室はどうして力が伸びるの?

A:教える先生の質に自信があります。

SOCRA&jr.では、先生の採用に際して厳しい基準があります。早慶大レベル及び国公立大を卒業し、高いコミュニケーション能力を有する者です。また、日々指導力向上のため研鑽に努め、レプトン本部における定期研修への参加、また、社内研修として最新の心理学に基づくやる気を創るコーチング技術の獲得、多読・多聴やフォニックスなど英語教授法の研究も日々積極的に行っております。英語の教え方、言葉のかけ方をしっかり理解しているからこそ、レプトンを最大限に使いこなすことができるのです。  

英語習得に必要な時間とは

アメリカ国務省の付属機関に, Foreign Service Institute(以下 FSI と省略)という外国語研修を行っている組織があります。この FSI が1973年に発表した外国語の研修成果に関する資料から判断すると、日本人が英語を日常生活にほとんど差し支えないレベルに到達するのには、およそ3000時間の学習時間が必要であると推測されます。 一方、文部科学省の英語教育に関する調査資料によると日本人の小学校から大学までに行う英語授業時間は736.4時間という結果となり、圧倒的に学習時間が不足しているのです。お子様の将来の可能性を広げてあげるためにも、頭の柔らかい小学生のうち英語に触れる時間を少しでも多く作ってあげる必要があるのです。

参考資料

  • 「小学校英語活動実施状況調査結果概要(平成17年度)」文部科学省(2006)
  • 「英語教育改善実施状況調査結果概要(中学校)」文部科学省(2007)
  • 「英語教育改善実施状況調査結果概要(高等学校)」文部科学省(2007)

 

教室からのメッセージ

わかる!、できる!、楽しい!だから続けられる。

進学塾SOCRA&jr.Lepton各教室では、英語を「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をバランス良く学習することで、本物の英語力を身に付けてほしいと思います。毎日の授業に新しい発見があります。「楽しいから、もっと学びたい。」という好奇心を育みながら行いたいと思います。先生が一人一人にあったサポートをいたしますので、いつでも、だれでも、どんなレベルからでも始めることができます。自分のペースで着実にステップアップできる設計となっていますので、JET、英検、TOEFL、TOEICなど各種検定試験のスコアアップにもつながります。

ぜひ一度、ご来校ください。

 

大学入試にTOEIC®・TOEFL®導入!?

15年ほど前までは、日本と並んで英語が苦手とされていた韓国が、コミュニケーション能力重視の英語教育に国をあげて取り組んだ結果、今ではTOEIC®の平均スコアが日本と比べものにならないほど高くなっています。

一方で、日本人の英語力はいまだに世界標準に遠くおよびません。日本人の多くが英語を苦手とする要因の一つが文法・長文読解偏重の受験英語だと専門家らは指摘しています。

そのため、文部科学省は2020年度より、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能全てをバランスよく評価するTOEIC®・TOEFL®などの世界標準の英語検定試験を大学入試に導入することを検討しており、すでに活用を始めている大学もあります。上の表に掲載の秋田大学、金沢大学、筑波大学、立教大学、長崎大学以外にも、2015年8月現在、お茶の水女子大学、明治大学、中央大学、法政大学、関西学院大学、立命館大学などでは新しい入試への対応準備が進められています。TOEIC®・TOEFL®が、お子さまたちの受験を左右する時代が訪れようとしています。

 

TOEIC®・TOEFL®ハイスコアにつながるロードマップ

Leptonでは、TOEIC®600点(≒TOEFL iBT®61点)レベルのコミュニケーション英語力習得を教育目標として掲げています。

社会で求められるのはTOEIC®600点以上

全社員600点、国際部門は750点、中途採用では710点、これは世界標準の英語テストTOEIC®を日本で実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会が、2013年1月に行ったアンケート調査で明らかになった、上場企業が社員に求めるTOEIC®の平均スコアです。加速するグローバル化の中で生き残りをかける企業各社は、英語でコミュニケーションできる人材を今まで以上に必要としており、その結果、社員一人ひとりが求められるTOEIC®スコアは年々上昇しているのです。

 

世界標準コミュニケーション英語能力テストについて

 

身につくレッスンスタイル

英語は技能教育。だから、自ら学習を進めるスタイルが効果的

英語は、水泳やピアノと同じ「技能教育」です。水泳もピアノも、基本の型をくり返し練習して身につければ、あとは自由に泳げるように、弾けるようになります。英語も一定の基本を体で覚えることで、一生使える技能になるのです。

しかし当然のことながら、泳ぎ方の本を読んだり、コーチのお手本の泳ぎを見たりするだけでは、泳げるようになりません。また、ピアノの弾き方の映像を見たり、先生のピアノ演奏を聞いたりしても、ピアノは弾けるようにはなりません。英語も同じで、先生の話をじっと聞いたり、黙々とノートをとったりするだけでは、英語を話したり、書いたりできるようにはなりません。

本当に使える英語力を習得するためには、お手本をまねながら、スラスラ言えるまで何度も口に出す、正確につづれるまでくり返し書くなど、お子さまが実際に自分でできるようになるまで反復練習することが一番重要なのです。Leptonが「個別・自立学習」スタイルを採用している理由はここにあります。

さらに、自ら学習を進める姿勢を身につけることで、お店の看板やチラシ、洋服などで目にする英語に興味を持ったり、意味がわからない単語は自ら辞書で調べるようになったりするなど、より意欲的、主体的に英語学習に取り組むよう、お子さまの成長を促します。

 

自分のペースであせらず、楽しみながら学習を続けていけば、英語は必ず上達します。

「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をバランスよく習得する独自の学習法

ネイティブの音声を聞いて発音し、発音した単語をくり返し書いて覚える。
覚えた単語を使って英文を読み、読んだら理解しているかどうか英語で質問に答える。

このように「聞く」「話す」「読む」「書く」を総合的にいつも学習しますから、大学入試に導入が検討されているTOEIC®やTOEFL®対策に有効なのです。

4技能のトレーニング例

「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能習得のために、Leptonで日頃行っている代表的なトレーニングを、レプトン受講生数名に実演していただきました。

聞く力を鍛える「ディクテーション」

聞く力と同時に書く力も鍛えられる「ディクテーション」です。
細部まで完ぺきに聞き取れる力と、正確に書く力を身につけるための練習です。

話す力を鍛える「リッスン&リピート」

会話文を使った「リッスン&リピート」です。
ネイティブの英語音声をまねて口に出す練習です。スラスラ言えるまで何度もくり返します。練習した文(※ここでは、中3レベルの文法の「現在完了形」の文)を使って、簡単な会話練習も行いました。

 

個別・自立学習だから、自分のペースで好きなだけ、がんばれる

1回のレッスンは60分(※1)です。自立学習で進めるテキストは、10分程度の短い時間単位で学習内容が変化します。そして1つの単位を終えるたびに、”チューター”と呼ばれる、教授法の研修を受けた専任講師が一人ひとりの理解度をチェックします(※2)。これは、小学生が学習に集中できる時間が短いからです。また、チューターががんばりを褒めることで、お子さまはやる気を倍増させます。

さらに、小さなお子さまに特有の「覚えがよい反面、すぐに忘れてしまう」傾向にも対処できるように、反復しながら、新しい内容に進むスパイラル・カリキュラムにのっとって、一度学習した内容をくり返し登場させるテキスト構成になっています。

このようにLeptonでは、お子さまの特性を十分考慮した上で、一人ひとりをしっかりサポートできるしくみをご提供しています。

※1:教室によって異なる場合があります。

※2:チューター1名で数人のお子さまを同時に担当します。チェックは、マンツーマンで行います。
チューターの多くは日本人ですが、全てのテキストにネイティブ音声CDが付いています。ネイティブ英語を常に耳にすることで、英語の発音の違いを聞き分ける力が育ちます。

 

教材の工夫に加え、チューターが一人ひとりとコミュニケーション。
短い時間で集中力が途切れがちなお子さまをしっかりサポートしています。

お子さまの英語のレベルに合わせた進度が選べ、チューターが一人ひとりの理解度を正しく把握。
お子さまにとって一番理想的なペースで、効率的な学習を進めることができます。

子どもたちは一人ひとりに合った進度の設定、達成度のチェック、指導が受けられるため、レッスンごとに明確な達成目標を確認しながら、自主的に学習を進めることができます。

 

レベルに合わせた教材

 

STARTER(入門)

英語の学習が初めて/アルファベットをマスターしている

文字・単語の「読み」「書き」が、いちばん大事な時期です。

幼稚園児や小学生低学年のお子さまでも自立学習ができるよう、チャンツ(歌)やぬり絵、切り絵などを通じて英語が学べる工夫がされたテキストで学習します。

 

BASIC(初級)

英語学習歴半年~1年半程度(※毎週2時間程度での想定)/JET 9~10級合格

あいさつや自己紹介をはじめとした基礎会話表現を身につけます。

家庭や学校、課外活動など、子どもたちの身近なくらしに関する会話文や、外国の童話などの簡単な読み物を通じて、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能の総合学習を行います。

 

INTERMEDIATE(中級)

英語学習歴1年半~2年半程度(※毎週2時間程度での想定)/JET 5~8級合格

検定試験形式のクイズ問題にも取り組み、日常会話表現を身につけます。

家庭や学校、課外活動など、子どもたちの身近なくらしに関する会話文や、外国の童話などの簡単な読み物を通じて、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能の総合学習を行います。
BASIC(初級)に比べ、1文あたりの単語数が増え、より長く複雑な文になっています。

 

ADVANCED(上級)

英語学習歴3年程度(※毎週2時間程度での想定)/JET 1~4級合格

TOEIC®・TOEFL®ハイスコアを視野に入れた、文法・長文読解を含む、4技能の総合学習を行います。

100語~400語程度の物語文を使った文法・長文読解の学習が主となります。物語文の聞き取り、物語文の内容にもとづいた会話文の聞き取り、英文の音読練習など、「聞く」「話す」練習も文法・長文読解の学習と並行して行います。


自宅で復習!eラーニング
「Lept-on Line(レプト・オン・ライン」

ご自宅のインターネットで、「リッスン&リピート」「リスニング」「マッチング」「ディクテーション」「メモリーゲーム」「ロールプレイ」など、多彩なプログラムを通じて、レッスン内容をゲーム感覚で楽しく復習できます。
お子さまの学習の進ちょくを保護者さまに把握していただくことにも役立ちます。

※対象テキストはBIRD・ROBOT・BUTTERFLY・AIRPLANE・ROCKET・SPACESHIPです。

 

 

 

 

成果が見えるJET

英語は、水泳やピアノと同じ技能教育です。水泳もピアノも、基本の型をくり返し練習して身につければ、あとは自由に泳げるように、弾けるようになります。自分に合った学習法や適切な指導のもと、あせらず、楽しみながら学習していけば、英語は必ず上達します。

しかしながら、英語の上達には何年も時間がかかります。Leptonの場合、週2回のペースで通い続けても、全81冊のテキストを完全制覇するには、約6年必要です。英語の習得で一番大切なのは、長く続けることです。

 

JET(ジェット)を選ぶ7つの理由

  • 主に小学生の日常生活に密接した、実用的なコミュニケーション英語力試験である。
    聞く(=話す)力だけでなく、読む(=書く)力もバランスよく試される。
  • Lepton受講生だけの内部試験ではない。(Lepton教室以外の)学習塾、英語塾、英会話教室、プリスクール、私立幼稚園、私立小学校、私立中学校などの子どもたちが参加している全国オープンの検定試験である。また、中国や韓国など海外でも実施されている。
  • 1~10級の10段階に細かく設定されており、テキストの進度に合わせ、英語学習歴1年未満の入門・初級者から上級者まで受検できる。
    幼稚園児も受けられる。
  • 年3回受検機会があり、数カ月ごとの短期目標を設定しやすい。
    仮にうまくいかなくても、すぐ次に向けて軌道修正できる。
  • 個人がどれだけ目標を達成できたかをみる「絶対評価」で成績をつけるので、合格ラインは常に一定に保たれている。
    また、高度な統計処理により、問題の難易度も毎回同じレベルに維持されているので、他の受検者の出来を気にせずに、自分の実力が確かめられる。
  • 得点や合否結果だけでなく、詳細な成績分析表(スコアレポート)がついてくるので、自分の弱点や苦手分野がはっきりわかる。
    TOEIC®開発者がつくった検定試験なので、TOEIC®にスムーズにつながる。

 

どんな子たちがJETを受けているの?

 

 

 

入会の流れ・会費

1.お問い合わせ

体験レッスンのお申し込みは、無料にて随時行っております。まずはお気軽にお電話または、フォームよりご予約ください。

 

2.体験レッスンとご説明

お子さまの英語学習経験などをお伺いしながら、最適な体験教材を選定するための簡単なレベルチェック(※)を実施します。レベルチェック後に、体験用のテキストを使って、レッスンの一部をお試しいただきます。
なお、英語学習が初めてのお子さまには、レベルチェックはございません。

※お子さまの英語力を判断し、最適なLeptonのテキストを選定するための簡単なレベル診断テストです。
おおむね10分~15分程度で終了します。入会可否を判定するテストではございません。

 

3.入会手続き

レッスン回数、学習スタートレベルなどをご相談の上、決定いたします。

 

4.レッスン開始

自分のペースで、楽しく英語を学びましょう!

 

会費及び開講日時

会費

  入会金 月会費 お月謝 教材費
月8回コース 10,000円 1,000円 8,400円 実費(1冊2,000円程度)

 

※価格は全て税別表記となります。

 

開校日

  開校日 1限目 2限目
熊谷校

毎週火曜日・木曜日

土曜日

16:00~17:00

14:50~15:50

17:10~18:10

16:00~17:00

川越校

毎週月曜日・水曜日

土曜日

16:00~17:00

14:50~15:50

17:10~18:10

16:00~17:00

 

 

キャンペーン

定期的に実施しておりますので、イベント・お知らせ等をご覧ください。

無料体験授業は随時行っております。

 

最後に・・・

英語学習の道のりは長い。

楽しくないと続かない。

ただ、その楽しさはゲームや歌を歌う等の楽しさだけでは飽きてしまう。

本当の意味での楽しさは、「英語が身についてきたこと」を実感すること。

せっかく英語を学んでも成果が表れなければ、「楽しくない」。

 

だからレプトンは「成果」にこだわります。

英語力が身についたことをお子さま自身が実感することで、もっと学びたい!という気持ちを育てる。

 

日本にいながら、日本の学校に通い、日常生活を「日本語」で過ごしているお子さまでも、効率的に将来に役立つ英語力の基礎を身につけることができる教室…それが Leptonです。

twitter facebook line@ Instagram STORES 無料メールマガジン
資料請求・無料体験申込
お問い合わせ